乾燥肌で顔の皮がむけるほどの超乾燥肌のあなたに

顔の皮がむけるほどの超乾燥肌の原因とは

 

 お風呂上りや洗顔後に顔の皮がどうしてもむけてしまう。化粧水を塗っただけでヒリヒリしたり、赤くなってしまう。だから今では保湿対策もできない・・・こうなってしまうと本当に辛いですよね。

 

 顔の皮がむけてしまうほどの乾燥肌はかなり肌の乾燥状態がかなり深刻になっています。素早い対処を行なわなくてはなりません。特に化粧水や乳液がしみたり、赤くなってしまう場合は敏感肌になってしまっている可能性が高いです。

 

 特に敏感肌を治すのは少し時間がかかり大変ですが、根気強く治していきましょう。

 


乾燥肌の原因は

乾燥肌の3つの大きな原因

1.皮脂量の低下

 

2.天然保湿因子(NMF)量の減少

 

3.角質細胞間脂質の減少

 

 

 主にこの3つが乾燥肌の原因です。では実際に何に注意しなくてはならないかというとそれは『洗顔方法』です。

 

 顔の皮がむけてしまうほどの乾燥肌は、洗顔の時に肌に対してよほどの大きなダメージを与えた事による原因がほとんどです。特にゴシゴシ洗いは禁物です。そしてスクラブ洗顔やクレンジングオイルによる洗顔は乾燥肌の人は絶対してはいけません。

 

 そして洗いすぎも乾燥肌の大きな原因です。市販の洗顔料で昼と夜しっかりと洗顔をしたいところですが、乾燥肌の人の肌は脂分が少ないので洗顔をしすぎると当然必要な皮脂が不足してしまいます。もしどうしても昼夜しっかり洗顔をしたいと思っているならば敏感肌用の洗顔料を使いましょう。

 

 これらの行為は思っている以上に肌を深刻な状態にしてしまっているので心当たりがあるあなたはこれからの洗顔方法を見直しましょう。

 

 そのほかにも年齢的な原因や食事内容の影響などもありますが、特に若い女性の乾燥肌の原因のほとんどは洗顔方法によるダメージによるものが大きいのでくれぐれも皮脂の落とし過ぎには注意しましょう。

 

 


ひどい乾燥肌を改善するには

 

 皮がむけるほどひどい乾燥肌を治すにはまず『保湿対策』が必要です。保湿対策と言ってもただ化粧水をたっぷり顔に含ませる事やコラーゲンドリンクをたくさん飲んで終わりというわけにはいきません。

 

 今まで散々傷つけてきた肌の修復をして全ての保湿機能をしっかり高める必要があります。少し時間と手間がかかりますが、これをやらないといつまで経っても乾燥肌を克服することはできません。くじけずに根気よく続けることが重要です。

 

 乾燥肌の対策として重要なのが洗顔方法です。ゴシゴシ洗いはもちろんとして、指先の力で汚れを落とすのではなく、洗顔料の泡の吸着力で汚れを吸い取るように洗います。中には物足りないという人もいますが、乾燥肌の人の場合はすでに皮膚表面にダメージを負っている可能性が高く、指で顔を軽く触れるだけでもダメージを受けてしまうほど弱っています。

 

 特に洗顔料や化粧水をつけるだけで赤くなってしまう敏感肌の人は普段からの洗顔で洗いすぎの傾向にあるため肌に大きなダメージを負っていますのでさらに注意が必要です。敏感肌の人は自分に合ったスキンケア商品を見つけることも重要です。

 

 乾燥肌の人の場合のほとんどはターンオーバー(肌の理想のサイクル)が乱れてしまっている可能性があります。このターンオーバーを正常化するには先ほど記した肌ダメージが少ない洗顔方法を続け、不足した細胞間脂質(セラミド)を補って肌のバリア機能を高めていくことでみずみずしいハリのある正常な肌を取り戻せる理想のサイクルが出来上がります。

 

 

乾燥肌・敏感肌の保湿はコチラがオススメ♪

 

 乾燥肌の人はハリがあって透明感のある肌に憧れると思いますが、それには角層のダメージ修復とターンオーバーの修復、そして不足している細胞間脂質(セラミドなど)を補ってあげる必要があります。

 

 この機能を全て備えているのがディセンシアのつつむです。このスキンケアはなかなか会う化粧品がないという敏感肌の人のために作られたスキンケアなので、角層の修復から不足しているセラミドを補ってくれるので乾燥肌の悪いサイクルを断つ心強いスキンケアです。

 

 この機能を全て持つスキンケアはほとんどないので、自分に合った商品をそれぞれ見つけなければならなかったのですが、特に敏感肌の方にはおススメできるスキンケアです。

 

化粧品ですぐに赤くなってしまう敏感肌の人には特にオススメです

↓↓↓

まずはつつむトライアルセットでお試し♪